白鶴酒造株式会社の3号工場・工場長の伴さんに教えてもらう 【5/5】

「酒を注ぐのはね、新しい人と知り合い、話をするきっかけにもなるでしょ」

湯川:そうそう。先日、みんなでお花見をしたんですよ。畳屋さんで畳表をもらって、それをゴザにして。日本酒とマスをもって行きました。

伴:いいですねぇ~~。

湯川:花見に「日本酒とマスとござ…」って、もうね。死ぬほど楽しかったんですよね。「ビールに紙コップ、ブルーシート…」とはぜんぜん違う、くつろぎ感があるというか。「あ、マスの中に桜がはいったよ~」みたいな会話がうまれたりして。

湯川の花見の様子

伴:あぁ。なるほどね!「日本」が付く商品って、日本手ぬぐい、日本酒、日本刀、日本庭園…くらいしかないんです。あんまりないでしょ。だから、日本酒ってね、日本人であることの喜びを感じさせるツールとういうかね。そういう時の脇役なんですよね。

湯川:あ! 外国では日本酒のこと「SAKE」っていいますね。だから別に「酒」でもいいはずなのに、わざわざ日本を付けて「日本酒」って言いますね、私たち。

伴:そうでしょう。日本古来の400年の伝統を持つ日本酒を飲むということで、日本の花見という習慣はさらに素敵なものになるんでしょうね。

湯川:ところで…最近ね、女性社員にお酒を注がせるとか、批判があるじゃないですか?

伴:え、そうなんですか?

湯川:知らないんですか? 伴さん、セクハラ~とかって、嫌われますよ。

伴:うちはね、男性もお酌しますよ。

湯川:でも、お酌をするのは、下の人が上の人にするという感じでしょ?

伴:いやいや、そんなことはないです。立場とか関係なく、酒は注がれたり注いだりします。

湯川:え、そうなんですか。

伴:日本酒はね、自分で注ぐのは「はしたない」という考えがあるんです。
だから…自分の酒がなくなって飲みたくなったら、誰かのところに注ぎに行くんです。そうしたら、相手も注いでくれるでしょ。そうやって、みんな注いだり、注がれたりしているわけです。

湯川:あはは。それ面白い! そっか、自分が欲しい時は、自分から注ぎに行くんだ!

伴:そうそう。

湯川:でも、なんで日本酒は、手酌は「はしたない」…なんでしょ?

伴:お酒はね、「飲むもの」ではなくで、「いただくもの」という考えだからでしょうか。

湯川:あ! そっか。お酒は「いただく」だ! お酒は神事で使うものでもあるし、神様からのものなんですね。白鶴のみなさんからしたら、自分たちが大切に作った、恵や宝物をいただく。そんな感じですか?

伴:そうですねぇ。まぁ、たまぁ~にプライベートな時は「手酌でいきましょか」みたいな時もありますけど…基本は注がれた酒をいただくんですね。自分で注いではいけない。日本酒って、そういう文化なんですよ。

湯川:やっぱりいいなぁ。

伴:酒を注ぐのはね、新しい人と知り合い、話をするきっかけにもなるでしょ。社長やお偉いさんに、いきなり話をしにいくのも失礼ですよね。でも、酒があるとスムーズにできる。

湯川:ですねぇ。

伴:うちも年末の宴会には、社長も参加するんでけどね。そんな時、新入社員でも、社長にお酒を注ぎに行って社長と話をしたりする。お酒がなかったら、なかなか話ができないような人にも、気軽に関わることができる。お酒は、コミュニケーションツールなんですよね。

湯川:そうですね。日本酒が美味しいから、日本酒に戻ってくる。というものあるかもしれないですけど。「日本酒を飲むのは楽しいよ。会話も弾むよ!」みたいな。確かにそういう雰囲気がありますよね。

伴:そうそう。おちょこを持って、ちびちび飲む。で、色んな人に注ぎに行って話して。

湯川:そっかそっかそっか。だから、日本酒のおちょこは小さいのか。だって、ただ本気で飲むんだったら、メガジョッキでいいですもんね。

伴:ですね。あれは、ひとりでがぶがぶ飲めますね。(笑)

湯川:お酒は、飲む物のではなく、交換するものだ!

伴:そうそう。日本酒は、本質的に他のお酒と役割というか、ポジショニングが違いますよね。

湯川:もう、「酒」として売るのやめません? 交換するものというか。貨幣というか…!!

伴:あははは。いいですねぇ!

5/5ページ