畳の部屋の使い方アイデア

古くから日本人に愛されてきた畳。現在でも畳が好きという人も多く、家に畳の部屋を設ける人も多いです。

客間としてのイメージの強い畳部屋ですが使い方次第で様々な表情に変化します。畳には様々なメリットがあるのでこれを強みにユニークな使い方をすることができます。

今回は畳の特性を活かせる部屋の使い方のアイデアを紹介したいと思います。

子供部屋

畳には吸音性、弾力性があるので子供部屋としてもオススメです。

子供が走り回っても音を吸収してくれるのでフローリングよりも音を抑えてくれます。さらに、弾力性があるので子供が転んで怪我をしてしまうリスクを軽減することができます。

畳の湿度調整効果とリラックス効果で子供たちも気持ちよく過ごすこと間違いなし。ベッドから布団に変えることで子供落ちてしまうリスクも軽減できるので安心して生活することができます。

瞑想部屋

瞑想部屋としても活用することができる畳部屋。

和室は静かなイメージを持っている方も多いと思いますがこれは、畳の吸音性が関係しています。イ草に空気が入っているのでこれが音を吸収してくれるので静かな空間を作り出してくれます。

さらにイ草の香りが心を落ち着かせてくれる効果を持っているので瞑想の効果を最大限にまで引き上げてくれます。

静かな空間で瞑想をすることで集中力を上げることもでき、さらにポジティブになる効果も。短い時間でも瞑想に没頭する空間を作り出すことができるので疲れてしまっている方や忙しい方でも一瞬で気分転換できます。

畳×瞑想と見るからに相性が良い組み合わせ。見た目だけでなく、畳の効果なども瞑想にマッチするので瞑想の効果を引き上げてくれること間違いなし。

ゲーム部屋

ゲーム部屋として活用する方も多いです。

畳は、吸音性や断熱性を持っているのでゲーム部屋としても有効に活用することができます。これは、畳の内部には空気が含まれているので空気が音を吸収し、熱伝導を低くしているからです。

長時間オンラインゲームを行うときも大量に着込まなくても寒さを和らげてくれます。さらに畳には弾力性があり、柔らかすぎず硬すぎないという丁度いい硬さでお尻が痛くなることも少なくなるはず。

ゲームを長時間やっていると上手くいかずにイライラしてしまうこともありますがイ草のリラックス効果で少しだけも心を落ち着けることができ、楽しくゲームを行うことができます。

畳×ゲームという相性の悪そうな組み合わせですが実は相性が良くオススメです。

休憩部屋

休憩部屋としての畳もかなり相性が良いです。フローリングで横になってしまうとすぐに身体が痛くなってしまいますが畳はこれが少ないです。

これは、畳に空気が入っており、弾力性があるからです。ソファーやベッドなどで寝てしまうとついつい寝すぎてしまいますが畳だと寝すぎてしまうということが少なく、ちょっとした休憩部屋としても活用できます。

さらに畳には湿気が多いときには湿気を吸収し、乾燥しているときには水分を放出し、室内が乾燥するのを防いでくれます。丁度いい室内環境を作ってくれるのでオススメです。

書斎・勉強部屋

畳の吸音性を活かし、書斎や勉強部屋としても活用することができます。静かな空間を作り出すことができ、イ草の香りでリラックス効果もあるので書斎や勉強部屋として活用することで作業や勉強も捗ること間違いなし。

読書や勉強なども集中できる環境を作ることができ、湿度調整も行ってくれるので丁度いい室内環境を作ってくれます。

家族と一緒に生活していると一人の時間というは取るのが難しくなります。その為、短い時間でも集中できる環境を作ることで仕事や学業に取り組む姿勢も代わり、次第に成績も良くなっていくでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?フローリングが主流になってきた日本の部屋ですが、やはりイ草の香りで癒されるという方もたくさんいるのではないでしょうか。

畳の特性を活かし、ご自身の生活スタイルに合った使い方を探してみてくださいね。