「 野崎安澄 」一覧

【村上春樹 ノルウェイの森】「ねぇ、ワタナベくん、私とあれやろうよ」「不思議ですね。僕も同じこと考えてたんです」

文:野崎安澄 「畳」×「小説」と言うキーワードを聞いて、真っ先に思い出すシーンがあった。 高校生の時、初めて読んだ村上春...

記事を読む

「畳は息子と相撲をする場所だ」畳サミット体験記

文:野崎 安澄 今年の6月畳サミットに参加した。 畳サミットとは… 2019年6月1日「いぐさの日」に合わせて、いぐさの産地熊本県...

記事を読む

「自分たちが造ったものが売れるときに、嫁に出すような気分になるから」織田畳店(奈良・田原本町)

文:野崎 安澄 奈良県に畳を使った財布を作っていて、しかもきちんとビジネスとしても成功している畳屋さんがいるという噂を聞いた。 ...

記事を読む

ゲリラゴサ 九州畳サミット編 「前略、ゴザの上より。」

文:野崎安澄 「前略、ゴザの上より。」 お義母さん、お元気でしょうか? アズミは元気にしています。 先日、DEMOくらし...

記事を読む

ゴザと柄杓がつなぐ縁 〜誘われて、お伊勢参り

文:野崎安澄 写真:大森ちはる 1ページ目:カワイイゴザ(と柄杓)には旅をさせよ。“一生に一度はお伊勢さん”とも云いますし。 2...

記事を読む

【たたみなヤツら。vol.04】あいかわらず、かわいいね。

文:野崎亜澄 「真綿で針を包む」「真綿で首を絞める」なんだか恐ろしいコトワザが並ぶ。 その「真綿」が、実は綿(めん)じゃなく絹(きぬ)...

記事を読む

ゲリラゴザ 特別編:福島にて

【その場に行く資格】 浪江町を襲った津波。丘の上から海まで広がる草原。かつては海がみえないほど住居が建っていた場所。 ...

記事を読む

次は、修行をしに戻ってきてね。

文:野崎 安澄 ■本気の“禅寺” 「ゴーン、ゴーン、ゴーン」 朝の5時に鐘が鳴り響く。(おそらくは)起床担当の僧侶が、鐘を...

記事を読む

【たたみなヤツら】黙って私たちの暮らしを見つめている。

文:野崎安澄 ズシリと重い。凹凸のある表面は、触るとひんやり冷たい。 茶葉を入れて、ゆっくりとお湯を注ぐ。蒸された茶葉の香りが湯気...

記事を読む