PICKUP

日本酒から見る「わたし」と「くらし」

スタイル・楽しみかた

酒器、好きずき。〜あなたのお気に入りを見せて下さい〜

毎日の晩酌、1人でしっぽり、それとも気の知れた友人たちと酒宴、、、。それぞれの日本酒を楽し…

つづきをみる

スタイル・楽しみかた

米ぬかは何処へゆく

「精米歩合◯◯%」と書かれたお酒のラベルを見るたびに、ずっと不思議だった。削られた側の(元?)お 米はどこにいくんだろう。…

つづきをみる

探訪・教えてもらう

文脈はないが、縁がある

鳥居をくぐり、ほとんどの参拝客がまっすぐ本殿に向かう流れを右手90度に外れると、この石碑に出会う。後ろには、後見人かのように…

つづきをみる

スタイル・楽しみかた

まるチラ! ~チラり愛され上手~

知ってた? 絵本でウォーリーがこっそりみんなの中に紛れているみたいに、世界がこっそり“まる”を隠しているのを。世界の色々なとこ…

つづきをみる

現場レポート

昔の風流人たちを模すあそび

野燗炉を製造しているJIPANG WORKSさんは「ママゴト感覚で楽しんでください」と言う。「ママゴト? 私毎日ママしてますけど…(「…

つづきをみる

探訪・教えてもらう

『させていただく』気持ち

伊勢神宮の御料酒といえば、灘の酒・白鷹。大正13年(1924年)に全国にある酒蔵の中から御選定されて以来、現在も伊勢神宮に献上さ…

つづきをみる

現場レポート

その蔵らしさ、が並ぶ

話を聞いたものの、頭でわかったような気がしているだけで、理解しきれていない一消費者。一呑は百聞に如かず。ここは…

つづきをみる

探訪・教えてもらう

自然と付き合う先人の知恵

酒蔵見学者を吉野杉の森へ案内する杜氏がいるときいた。お酒を造ることと森、私にはどうも接点が想像できない。わざわざ森に案内して…

つづきをみる

現場レポート

「冬の山頂で熱燗は美味しいのか?」を検証してみた。

登山の後、山頂で飲むビールは最高だ。しかし、さすがに冬になると冷たいビールは飲みたくなくなる。「冬の山頂では、熱…

つづきをみる

コラム・考察

委ねるな。謳歌しろ。

「有閑倶楽部」との出会いは、小学4年生。りぼん1992年4月号から3号連続で掲載された「男子禁制殺人事件の巻」だった。当時の…

つづきをみる

コラム・考察

交わさずも注いだ酒で父想う

母方の祖父母の家で生まれ育ち、物心ついたとき、父とは一緒に暮らしていなかった。 時折やってきては、遊びに連れて行ってくれる父。 なぜいないのかとか、寂しいとか、考えるにはまだ幼すぎた。

つづきをみる

探訪・教えてもらう

たった一夜にして美酒を醸す

「奈良に行くなら『大神神社』」と聞いても、東京出身かつ下戸の私には全くピンと来なかった。大神と書いて「おおみわ」と読む。関西…

つづきをみる

探訪・教えてもらう

人生100年時代のスキンケア

アレがいい。コレが効く。雑誌をめくれば「美容成分○○が高配合」と半期ごとに新製品が発売されていて、新聞広告ではとどまることな…

つづきをみる

現場レポート

野燗炉をベランダふだん使い。〜ひとりで朝ごはん編〜

「大森家は野燗炉どこでやるの?」 「居間でしょ」 昨春、ベランダに畳を敷いて、居間が拡張した我が家(「…

つづきをみる

スタイル・楽しみかた

煎り酒:お醤油代わりの調味料。

煎り酒は、室町時代の終わりから江戸時代にかけて人々の食卓で活躍していた調味料。お醤油が世…

つづきをみる

■ DEMOくらしが運営する「畳」のサイト

■ DEMOくらし-発行人・湯川カナ動画

執筆者紹介 すべての執筆者