「 探訪・教えてもらう 」一覧

米を「磨く」精米技術

イラスト:十倉里佳 文:大森ちはる 精米は、お酒づくりの最初の工程。「文献的な証はないですけれど。より洗練されたお酒をつくりあげていく...

記事を読む

【生田神社】酒、醸すのも多生の縁

生田神社に佇む「灘五郷酒造の発祥地」の石碑。後ろには、後見人かのように酒造の神様・松尾神社が 祀られている。いまいちピンとこない。生田神社が位置するのは、現代の灘五郷の最西・西郷よりも阪神電車4駅ぶん西側だ。

記事を読む

濃度、自然をコントロールする技術。〜 奈良県・美吉野醸造

文:内海佳代子 写真:大森ちはる 酒蔵見学者を吉野杉の森へ案内する杜氏がいるときいた。 デザイナーが、自然からインスピレーションを受...

記事を読む

スキンケア、いったい何がホントなの? 〜 そこだけ知ろうとすると何もわからないワナ 〜

アレがいい。コレが効く。雑誌をめくれば「美容成分○○が高配合」と半期ごとに新製品が発売されていて、新聞広告ではとどまることなく「△△洗顔でお化粧いらず」が派生し続けている。レビューサイトを覗けば、同じ化粧水について「乾燥肌です。コスパ最高です」と「乾燥肌です。可もなく不可もなくです」と「乾燥肌です。まったく潤いを感じられません」が同居していることも。スキンケア、いったい何がホントなの? 白鶴酒造ダイレクトマーケティング部の垣内さんを、DEMOくらしメンバーで囲んだ。

記事を読む

【敏馬神社】日本最古のおもてなし港・敏馬浦

文:やすかわのりこ 写真:大森ちはる いきなりですが、以下、灘五郷酒造組合ホームページより抜粋。 「灘五郷を含む兵庫県は採取生産量で...

記事を読む

神武天皇が海に酒を注ぐと、鳴門海峡の急流がたちまち鎮まった。(兵庫・淡路島)

文:原かおる 構成:大森ちはる 夫の地元・淡路島で暮らしはじめて早8年。 どうやら淡路島は、古事記の国生み神話で語られる日本発祥の地...

記事を読む

日本書紀「この神酒は 我が神酒ならず 倭なす 大物主の 醸みし神酒」(奈良・大神神社)

文:野崎安澄 「奈良に行くなら『大神神社』」と聞いても、東京出身かつ下戸の私には全くピンと来なかった。大神と書いて「おおみわ」と読む。...

記事を読む

終わらないもんね、お伊勢さんがある限り。〜誘われて、お伊勢参り。白鷹三宅商店の巻〜

文:やすかわのりこ 写真:大森ちはる 「昔はよく旅の人に連れられて、遠くまで旅をしたもんだけど。『一生に一度は伊勢参り』とか、おかげ参...

記事を読む

誰からもそっぽむかれるなら「いいよ、自分たちでやってくべ」ー福島県6年連続1位の謎に迫るー

文:野崎安澄 2018年福島県は、史上初、全国新酒鑑評会6年連続金賞受賞数1位を獲得した。 もちろん下戸の私...

記事を読む

「もしかして、スイス人の方が日本酒を味わい尽くしているのかもしれない?」事件

文:野崎安澄 事の発端は、友人の開催するオンラインセミナー”地球市民塾”での投稿だった。 「スイスで日本酒のオンラインショップを経営...

記事を読む