「 読みきり 」一覧

「生きる」ことが身近に在るとき。

文:小倉なおこ 「今週末は被災地に行くぞ。」 父が突然そう言い出したのは、震災から3週間ほどたったころだろうか。...

記事を読む

老いゆく父とつくる果実酒

絵:十倉里佳 文:川西真由美 今年は作らない。父が言った。 なんで? もう全部飲めるかわからんから。 じゃあ私が...

記事を読む

推しのアイドルを語るがごとく。

文と画像制作:桂 知秋 白鶴酒造さんから聞いた、「甲南大学に日本酒研究会があるんです」の一言。若者の日本酒離れが話題になること...

記事を読む

酒器、好きずき。〜あなたのお気に入りを見せて下さい〜

構成: 桂知秋  文:日本酒好きのみなさま 毎日の晩酌、1人でしっぽり、それとも気の知れた友人たちと酒宴、、、。それぞれの日本酒を楽し...

記事を読む

[検証]お一人様の花見は楽しいのか?

文:中埜久仁子 絵:山田あゆみ 一人でお花見はさみしいのか? 贅沢なのか? 友人たちとお花見の約束をしても天気が悪かったり、桜の開花にタ...

記事を読む

濃度、自然をコントロールする技術。〜 奈良県・美吉野醸造

文:内海佳代子 写真:大森ちはる 酒蔵見学者を吉野杉の森へ案内する杜氏がいるときいた。 デザイナーが、自然からインスピレーションを受...

記事を読む

スキンケア、いったい何がホントなの? 〜 そこだけ知ろうとすると何もわからないワナ 〜

アレがいい。コレが効く。雑誌をめくれば「美容成分○○が高配合」と半期ごとに新製品が発売されていて、新聞広告ではとどまることなく「△△洗顔でお化粧いらず」が派生し続けている。レビューサイトを覗けば、同じ化粧水について「乾燥肌です。コスパ最高です」と「乾燥肌です。可もなく不可もなくです」と「乾燥肌です。まったく潤いを感じられません」が同居していることも。スキンケア、いったい何がホントなの? 白鶴酒造ダイレクトマーケティング部の垣内さんを、DEMOくらしメンバーで囲んだ。

記事を読む

おなじ米、ちがう蔵。きっと出会える味がある ~白鶴錦 蔵元の集い2019~

文:いしづかたかこ 写真:桂知秋 今まで、その時その時、食べたいものを選ぶようにわからないなりの感性で選んできた。 なんとなく選ん...

記事を読む

【一条ゆかり「有閑倶楽部」】委ねるな。謳歌しろ。

文:大森ちはる あの日、小4女児のリテラシーは頬をはたかれた。 「有閑倶楽部」との出会いは、小学4年生。りぼん1992年4月号か...

記事を読む

【動画】白鶴酒造の社内お花見レポート!

撮影・編集:岡田敏和 構成:みやもとあき お酒を作っている会社の、「中の人」って? 飲む人も飲まない人も、きっと名前は知っている...

記事を読む