読みきり

から揚げ 2度揚げ 今夜は打ち上げ

文:野崎 安澄  画像制作:十倉里佳



長男の高校受験が終わった。全ての試験が終わり、解放された金曜日の夜。
彼の大好きな鶏のから揚げを作ろう。

白鶴さんのレシピに挑戦します。


カリッと ふっくらジューシー 鶏のから揚げ

鶏肉(もも肉、むね肉をお好みで)2枚(600g)
しょうが大1かけ(20g)
長ねぎの青い部分あれば1~2本
コクと旨みたっぷりの料理の清酒大さじ6
片栗粉(A)大さじ6
片栗粉(B)適量
塩小さじ1強(※鶏肉の分量の1.2%)
こしょう少々
サラダ油適量

いつもの生活クラブさんの美味しい鶏もも肉(600g)を、からあげサイズにカット。しょうがのすりおろし、塩、そして長ネギの青い部分をちぎって・・・?
あったあった。鍋の残りでとっておいた長ネギの青い部分(若干しおれてるけど、まぁいいだろう)。

「コクと旨みたっぷりの料理の清酒」を大さじ6入れてしっかり揉み込む。

へー!料理酒を大さじ6。今までから揚げ作る時に、お酒入れたことなかったなぁ。
ヒタヒタだけど大丈夫かしら?しっかりもみこんで30分置く。

その後片栗粉を、これまた大さじ6。「お酒と混ぜてドロドロにならないかな?」と思いながら、粉っぽさがなくなるまで混ぜ混ぜ。

案の定、鶏肉は白くてゆるい衣を纏う。いつもはサッと粉につけてすぐあげるから、かなり見た目も違う。

そして一番違うのは、なんと2度揚げ!180度で揚げた後、一度出して休ませて、190度に温度をあげた油で2度揚げ。

いやぁ、確かに“2度揚げすると美味しい説”はよく聞いていたけれど、いつも面倒くさくて1度しか揚げていなかった。でもせっかくの受験打ち上げだ。この際、しっかりやってみよう。
見る見る美味しそうなキツネ色になる鶏肉たち。

うん。いつもと全然違う。まるでお店で出てくるから揚げみたいに仕上がった。出来は上々。あとは熱いうちに食べるだけだな。

「おーーい!ご飯だよー!!」

=====

席に着くなりガッツく息子たち。

「ん?なんか今日いつもと違う?」

そうだろう、そうだろう。お酒につけて、しかも2度揚げしてるからね。
大体いつものから揚げは、私が揚げているそばから家族に食べられて、私が揚げ終わって席に着く頃には残っていない。なかなか、母ちゃんはから揚げを食べられないのだ。

しかし、今日は違うぞ。2度揚げだから、ちゃんと食べられる。どれどれ。

久々のから揚げを口に入れ噛んでみると、ほんのりお酒の味と香りがした。下戸の私だが、アルコール分のしっかり飛んだお酒の味と香りは楽しめる。むしろこんなにしっかりと味を感じられるものなんだ、という驚きさえあった。

中は柔らかくて、外はカリカリ。美味しいやないかい!

「美味しい?今日は2度揚げしたんだよ」

「2回も揚げたの?大変そうだね」

うん。大変だったよ。でも受験の打ち上げだから、君の大好きなから揚げをちゃんと作ってみたよ。本当に1年間よくがんばったね。

コクと旨みたっぷりの料理の清酒
有機酸が生臭みを消して風味よく
料理をおいしくするために、コクと旨みたっぷりに仕上げました。食塩ゼロ(※)のため料理に余分な塩味がつかず、魚料理や肉料理など、さまざまな料理に使えます。

執筆者プロフィール

野崎安澄
野崎安澄
兵庫県在住の2男児の母。『7世代先を考えて生きる』というネイティブアメリカンの知恵に由来を持つNPO法人セブンジェネレーションズ理事。『育自のための小さな魔法』WSのファシリテーター。自分の人生を120%楽しみながら情報発信をしていきたいと思います。