「 全ての記事一覧 」一覧

野燗炉をベランダふだん使い。〜ひとりで朝ごはん編〜

「大森家は野燗炉どこでやるの?」「居間でしょ」昨春、ベランダに畳を敷いて、居間が拡張した我が家。このたび野燗炉をお借りできると聞いたとき、浮かぶ光景はやはりベランダでした。野燗炉の機能美と暖が、冬のベランダ暮らしをよりオツなものにしてくれそう。

記事を読む

ひらけ、蔵。座れ、ゴザ。 〜 2019年秋 白鶴酒造「酒蔵開放」

オープン前から並んでいる人々を目の当たりにし、ともすれば会場にある全ての酒を飲みつくしてやろうという気配をじんわり肌で感じながら無料レンタルゴザの準備を進める。どんな人に出会えるのか「…いざ、出陣」。

記事を読む

【一条ゆかり「有閑倶楽部」】委ねるな。謳歌しろ。

文:大森ちはる あの日、小4女児のリテラシーは頬をはたかれた。 「有閑倶楽部」との出会いは、小学4年生。りぼん1992年4月号か...

記事を読む

交わさずも注いだ酒で父想う

母方の祖父母の家で生まれ育ち、物心ついたとき、父とは一緒に暮らしていなかった。 時折やってきては、遊びに連れて行ってくれる父。 なぜいないのかとか、寂しいとか、考えるにはまだ幼すぎた。

記事を読む

まるチラ! ~チラり愛され上手~ vol.01

文:やすかわのりこ お世辞にも容姿端麗とは言えない『白鶴・まる』が、なぜ愛されるのか? 朱色に大きく描かれた白丸印の日本酒『...

記事を読む

十有五にして酒を憎む、三十にして知る、四十にして戯れる、五十にして父に順う。

文:中埜久仁子 うちのお父さんは、大酒飲みだった。過去形なのは、お酒を断ったからだ。 父はお酒を独りで飲む。独りで飲んで独りで酔う。...

記事を読む

野燗炉が編集部にやってきた。

文:やすかわのりこ 皆様いかがお過ごしでしょうか?DEMOくらし編集部では、これからやってくる燗酒のおいしい季節に向けてシリーズ企...

記事を読む

菰巻きショーは、まるでテレビの観覧席にいるみたい。 〜 2019年春 白鶴酒造「酒蔵開放」

文・写真:大森ちはる 毎年春と秋に開催される白鶴さんの蔵開きイベント「酒蔵開放」。何度か夫と娘と家族3人で赴いたことはあったものの、今...

記事を読む

【動画】白鶴酒造の社内お花見レポート!

撮影・編集:岡田敏和 構成:みやもとあき お酒を作っている会社の、「中の人」って? 飲む人も飲まない人も、きっと名前は知っている...

記事を読む

神武天皇が海に酒を注ぐと、鳴門海峡の急流がたちまち鎮まった。(兵庫・淡路島)

文:原かおる 構成:大森ちはる 夫の地元・淡路島で暮らしはじめて早8年。 どうやら淡路島は、古事記の国生み神話で語られる日本発祥の地...

記事を読む