すべての記事一覧

情緒はまだ、追いつけない。〜白鶴酒造「酒蔵開放」オンライン〜

構成:大森ちはる ニーゼロイチキューまで、「情報を伝える」セミナーはさておき、お酒をあいだに置いて「気持ちを酌み交わす」行為...

記事を読む

「おいしい」を科学する 〜醸造ナビゲーションシステム〜

文:いしづかたかこ 「おいしくなぁれ」毎冬、台所で味噌を仕込む時、そう声をかける。今年は去年と少し変えて酒粕で蓋をしてみよう...

記事を読む

モテたくて、カクテル。 〜日本酒育ちの畳店3代目の場合〜

文:大森ちはる いつからが「大人」なのか。その定義はいつまで経っても難しいけど、敬意を込めてそう呼びたくなる人は確かにいる。...

記事を読む

アルコール検知器はなにをもたらしたのか。ー神姫バス運転士にきく、「お酒」と「仕事」ー

文: 山本しのぶ 写真:川本まい 飲酒運転をなくす仕組みの一つとして、アルコール検知器がある。事業用自動車の運転者の点呼...

記事を読む

「誰も歴史や伝統にしようと思っていなかったはず」ー奈良の伝統技法と最先端のテクノロジーを使う奈良・油長酒造の酒造りとはー

文: 桂知秋 日本酒の聖地とも呼ばれる、奈良は御所(ごせ)で創業から300年以上の歴史を持つ油長酒造。柱とするのは古代や中世...

記事を読む

PONSYU CAMP アウトドア酒のたのしみ

文:いしづかたかこ アウトドアで飲むお酒ってビールや発泡が定番だけど、日本酒だって飲みたい!海や山、ちょっとした庭先…いつも...

記事を読む

酒蔵の町の「音」を撮る~西宮郷・今津郷~

普段、散歩する時を思い返してみると、どこか目的地になるお店を決めて家を出ることが多い。けれど、カメラを持って外に出る時は少し違う。街の音や...

記事を読む

日本酒をもっと愉しくする10のお土産。

春夏秋冬、津々浦々。それぞれの土地の温度や香りを内に含みながら醸される日本酒は、とっても愉しい。そんなふうに呑みはじめてから、私の旅のお土...

記事を読む

アッチからコッチの町、終着点は知らない。ー腐ってもふるさと、の地元旅(兵庫・三木)ー

文:やすかわのりこ 画像:十倉里佳 私のふるさとは兵庫県三木市。大阪での生活に終止符を打ち、この地に帰って数年たつ。...

記事を読む

日本酒通にきく、1泊2日こだわり日本酒旅(part 2)

インタビュー・構成:橋本莉緒 変遷はする、でも、酒処の変わらないなにかがある。エモい日本名所酒処ハシゴ旅(広...

記事を読む