「 中埜久仁子(神戸市在住・1968年生まれ) 」一覧

十有五にして酒を憎む、三十にして知る、四十にして戯れる、五十にして父に順う。

うちのお父さんは、大酒飲みだった。過去形なのは、お酒を断ったからだ。 父はお酒を独りで飲む。独りで飲んで独りで酔う。酔えば酔うほど暗~くになり、しまいには怒り出す。 子どもの頃、だいたい怒られるのは私か弟だった。 「お父さんがお酒を止めてくれればよいのに」と毎日願っていた。

記事を読む

「冬の山頂で熱燗は美味しいのか?」を検証してみた。

写真・文:中埜久仁子 登山の後、山頂で飲むビールは最高だ。しかし、さすがに冬になると冷たいビールは飲みたくなくなる。「冬の山頂では、熱...

記事を読む