「 コラム 」一覧

ゲリラゴザ -カッパ天国の夏-

文:やすかわのりこ それは、変わることのない、波の営みくらいに思っていた。 ドラッグストアの前、バス停に並ぶ人の列。 突き刺す...

記事を読む

ゲリラゴサ 九州畳サミット編 「前略、ゴザの上より。」

文:野崎安澄 「前略、ゴザの上より。」 お義母さん、お元気でしょうか? アズミは元気にしています。 先日、DEMOくらし...

記事を読む

ゲリラゴザ 特別編 その2 ー伊勢神宮にて ー

文:みやもと あき 「お伊勢さんの鳥居の前で、ゴザを敷いて座ってみたい。」 バチ当たりかも?って思わなかった? うん、...

記事を読む

ゲリラゴザ vol.03 ー 冬、鳥取砂丘にて。ー

 文:やすかわのりこ 『虹を見たかい?』 砂丘に向かって歩く観光客の群れ。 頭上では、まるで昔話のように潮風と太陽の退...

記事を読む

【有象無象】~byマミーアントワネット~

【有相無相】とは…現象と心理、姿や形をもつものともたないもの全てを意味する言葉です。 このコーナーでは様々な方に自身と畳の関係について...

記事を読む

【たたみなヤツら。vol.04】あいかわらず、かわいいね。

「真綿で針を包む」「真綿で首を絞める」なんだか恐ろしいコトワザが並ぶ。 その「真綿」が、実は綿(めん)じゃなく絹...

記事を読む

ゲリラゴザ 特別編:福島にて

【その場に行く資格】 浪江町を襲った津波。丘の上から海まで広がる草原。かつては海がみえないほど住居が建っていた場所。 ...

記事を読む

次は、修行をしに戻ってきてね。

文:野崎 安澄 ■本気の“禅寺” 「ゴーン、ゴーン、ゴーン」 朝の5時に鐘が鳴り響く。(おそらくは)起床担当の僧侶が、鐘を...

記事を読む

【ロックと畳】

 彼女のソウルはこの部屋ではぐくまれた(らしい)。 涙の後には虹が出ちゃうかもね! 文:やすかわのりこ ついにその日はやって来た...

記事を読む

【たたみなヤツら】黙って私たちの暮らしを見つめている。

文:野崎安澄 ズシリと重い。凹凸のある表面は、触るとひんやり冷たい。 茶葉を入れて、ゆっくりとお湯を注ぐ。蒸された茶葉の香りが湯気...

記事を読む