図解・日本酒の飲み方

角打ち:酒屋さんの店頭でお酒を飲むこと

イラスト:みやもとあき 文:結崎志穂

【角打ち(かくうち)】

四角い升の角に口をつけて飲むことから。酒屋の店頭で買った酒を店頭や店の一角を仕切った場で立飲みすること。(「デジタル大辞泉・日本国語大辞典 」小学館)ワタシ的には「酒は楽しく人と飲み交わすもの、または気合いをいれるとき角打ちする」という、この店にある額の「角打ち心得の条」が好ましい。
酒の飲み方の流儀は角打ちする人の数だけアリ。
※ちなみに今年2018年1月に10年ぶりに改訂された広辞苑第七版に初めて収録されたそうです。
【角打ち】「酒を升で飲むこと。または、酒屋で買った酒をその店内で飲むこと」

執筆者プロフィール

結崎志穂(神戸市在住・1964年生まれ)
結崎志穂(神戸市在住・1964年生まれ)
室町文化、イタリア、飲酒飲食が好き。花隈の猫一族。